アディッシュの理念

MISSION


アディッシュは「つながりを常によろこびに」を普遍的なミッションとし、事業方針としてのビジョン、社員の行動指針としてスタンダートを掲げ企業運営をしています。

ミッションは、情報の領域で生じる課題解決に貢献する、アディッシュの姿勢を示しています。ビジョンは、ミッションを実現するために、中長期的に達成すべき目標としています。スタンダードは、社員一人ひとりがミッション、ビジョンを実現するために、日々活動する上での行動指針。さらに各人が事業を築いていける人という2つの視点を大切にしています。

MISSION

MISSION

Delight in Every Connection

つながりを常によろこびに

多様化するコミュニケーションサービスやソーシャルメディアは、情報と知恵の時代といわれる現在において、新しい大いなる価値を生んでいます。
しかし、ときに、新たなコミュニケーション手段によってもたらされた「つながり」が、今までにない問題を生み、それが社会問題のような大きな課題に発展することもあります。
そのような、「つながり」によって生じる、新たな課題の解決に貢献することで、私たちは、「つながり」が「よろこび」であり続けられる世の中に資する存在でありたいと考えています。

VISION

As in Your Hometown

私たちが考える「情報」とは言語化、映像化されたものだけではなく、信頼できる人と話をしているときの安心感や、やりとりする人の気持ちや想いといった、情感的なものも指します。

現在は、情報技術の発展によって、人と人のやりとり、生活、コミュニティや社会のあり方が大きく変化していく時代です。生まれゆく課題、産業の構造が、情報技術によって見直され、新たな姿に変わっていきます。

一方、その人の置かれた環境やその人自身の立場、スキルなどによって、アクセスできる情報の質や種類、量は大きく異なり、同じ情報に接したとしても皆が同じように感じるわけではありません。情感が伝わらないために理解が進まない場合もあり、誰もが情報を発信できる時代では、ときにスキルの差は情報の悪用を生みます。

私たちは、日々生み出される新しいテクノロジーで、このような情報に関する不合理を解消します。溢れる情報に左右されることなく、誰もが安心して、心から求める情報を持つことのできる社会を目指して。

VISION
MISSION

MISSION

Delight in Every Connection

つながりを常によろこびに

多様化するコミュニケーションサービスやソーシャルメディアは、情報と知恵の時代といわれる現在において、新しい大いなる価値を生んでいます。
しかし、ときに、新たなコミュニケーション手段によってもたらされた「つながり」が、今までにない問題を生み、それが社会問題のような大きな課題に発展することもあります。
そのような、「つながり」によって生じる、新たな課題の解決に貢献することで、私たちは、「つながり」が「よろこび」であり続けられる世の中に資する存在でありたいと考えています。

VISION

As in Your Hometown

私たちが考える「情報」とは言語化、映像化されたものだけではなく、信頼できる人と話をしているときの安心感や、やりとりする人の気持ちや想いといった、情感的なものも指します。

現在は、情報技術の発展によって、人と人のやりとり、生活、コミュニティや社会のあり方が大きく変化していく時代です。生まれゆく課題、産業の構造が、情報技術によって見直され、新たな姿に変わっていきます。

一方、その人の置かれた環境やその人自身の立場、スキルなどによって、アクセスできる情報の質や種類、量は大きく異なり、同じ情報に接したとしても皆が同じように感じるわけではありません。情感が伝わらないために理解が進まない場合もあり、誰もが情報を発信できる時代では、ときにスキルの差は情報の悪用を生みます。

私たちは、日々生み出される新しいテクノロジーで、このような情報に関する不合理を解消します。溢れる情報に左右されることなく、誰もが安心して、心から求める情報を持つことのできる社会を目指して。

VISION

STANDARDS

スタンダードとは、アディッシュの行動指針。ひとりひとりが、5つのスタンダードを心に留め行動しています。

目的を頭の中に、責任を心の中に

Understand your goals, and be accountable for your actions


なぜ、何のために、どのような状態を目指すべきなのか。自身だけでなくチーム全体の目的やゴールを論理的に理解し、かつ、それが自身やチームにとって正しいものであるのかを常に問い続けなければなりません。
同時に、その目的やゴールにたどり着くための責任を自ら進んで引き受け、心に留め置かなければなりません。
目的やゴールを正しく理解しても、誰も責任を引き受けなければ何も前に進みません。
責任を引き受けたとしても、目的やゴールを正しく理解していなければ、進む方向を誤ります。
目的やゴールを正しく理解することと、そのための責任を引き受けることが両輪となって、
正しい方向に進むことができるのです。

自分もプロ、相手もプロ

Everybody is professional, that includes you and me


お客様にサービスを提供するにあたって、自身がプロであることを強く意識すべきです。
それは、プロとして恥ずかしくない、ひいては、プロとして誇れる仕事をすることにつながります。
しかしながら、自身がプロであることを意識するばかりでは、独善に陥ってしまいます。
お客様もまた、自身とは異なる分野のプロです。そのプロに対する敬意を強く抱かなければなりません。
その敬意によって、自身がそれまで持っていなかった視点をお客様から学ぶこととなり、
それがより良い成果をもたらします。
これはお客様に対する場合だけでなく、身の回りのすべての人に対する場合も同じです。

信頼感とは、大事にした小さな約束の積み重ね

Anchor your relationships by keeping your word - big or small


信頼とは、地位や肩書から生まれるものではありません。
また、頭の良さや言説の巧みさによるものでもありません。
もちろんそれらによって、一時的な信頼を得ることはできるかもしれません。
しかしながら、永続的な信頼を得るためには、もっと地味で、平凡なことが非常に重要です。
それは、日々の小さな約束を違えず、毎日の小さな期待に応え続けることです。
小さな約束のひとつひとつは、そのひとつを違えたところで大勢に影響は無いように見えます。
ですが、その小さな約束すら守れない人が、大きな約束を守れると思ってもらえるでしょうか。
それに対して、小さな約束をコツコツと果たし続けられる人は、
次の約束も間違いなく果たしてくれるに違いないと思ってもらえることでしょう。
いま目の前にある小さな約束を大事にすることが重要です。

勇気は、慎重さによって完成する

Be courageous and cautious in pursuing your goal


私たちの周りには未知の状況や新たな課題が数多く存在しています。
それらに対処するためには、立ち向かう強い心、勇気が必要です。
失敗を恐れず、果敢に立ち向かう強い心がなければ、先に進むことはできません。
しかしながら、勇気を持つだけでは、物事を達成することはできません。
なぜなら、私たちの周囲には、未知のもの、予測不可能なものが数多く存在するからです。
場合によっては、一歩を踏み出す前に、戦略を立てることで、
無駄なリスクを避けることができるかもしれません。
待ち構えているリスクを検証し、目標の実現を阻む障害や困難に備え、
時に見直し、慎重に判断することで初めて、大きな成果を生み、勇気が完成するのです。

前に向かうために、後ろを向こう

Apply your past learnings in moving forward


ゴールにたどり着くためには、前に進まなければなりません。
かといって、闇雲に前進すればゴールにたどり着くというわけではありません。
自身が歩いた道が正しい道であったのか、振り返り、確認し、検証することが大切です。
それにより、場合によっては、進む方向やゴールそのものを変更することさえあるかもしれません。
そうすることで、自身の成すべきことへと続く道をより強固にすることができます。
一方、後ろを向いたままでは前に進めません。
後ろを振り返って得た情報、知見、再発見した思いなどは、前に進むための原動力です。
それを頭と心で受け止め、また前に向かって進みましょう。