アディッシュの理念

MISSION


アディッシュは「つながりを常によろこびに」をミッションとし、事業方針としてのビジョン、社員の行動指針としてスタンダートを掲げ、企業運営をしています。

ミッションは、情報の領域で発生する課題解決に貢献するアディッシュの姿勢を示しています。ビジョンは、ミッションを実現するために、中長期的に達成すべき目標としています。スタンダードは、社員一人ひとりがミッション、ビジョンを実現するために、日々活動する上での行動指針。さらに各人が事業を築いていける人という2つの視点を大切にしています。

MISSION

MISSION

Delight in Every Connection

つながりを常によろこびに

多様化するコミュニケーションサービスやソーシャルメディアは、情報と知恵の時代といわれる現在において、新しい大いなる価値を生んでいます。

しかし、ときに、新たなコミュニケーション手段によってもたらされた「つながり」が、今までにない問題を生み、それが社会問題のような大きな課題に発展することもあります。

そのような、「つながり」によって生じる、新たな課題の解決に貢献することで、私たちは、「つながり」が「よろこび」であり続けられる世の中に資する存在でありたいと考えています。

VISION

VISION

As in Your Hometown

情報社会をあなたの居場所に

私たちが考える「情報」とは言語化、映像化されたものだけではなく、信頼できる人と話をしているときの安心感や、やりとりする人の気持ちや想いといった、情感的なものも指します。

現在は、情報技術の発展によって、人と人のやりとり、生活、コミュニティや社会のあり方が大きく変化していく時代です。生まれゆく課題、産業の構造が、情報技術によって見直され、新たな姿に変わっていきます。

一方、その人の置かれた環境やその人自身の立場、スキルなどによって、アクセスできる情報の質や種類、量は大きく異なり、同じ情報に接したとしても皆が同じように感じるわけではありません。情感が伝わらないために理解が進まない場合もあり、誰もが情報を発信できる時代では、ときにスキルの差は情報の悪用を生みます。

私たちは、日々生み出される新しいテクノロジーで、このような情報に関する不合理を解消します。溢れる情報に左右されることなく、誰もが安心して、心から求める情報を持つことのできる社会を目指して。

MISSION

MISSION

Delight in Every Connection

つながりを常によろこびに

多様化するコミュニケーションサービスやソーシャルメディアは、情報と知恵の時代といわれる現在において、新しい大いなる価値を生んでいます。
しかし、ときに、新たなコミュニケーション手段によってもたらされた「つながり」が、今までにない問題を生み、それが社会問題のような大きな課題に発展することもあります。
そのような、「つながり」によって生じる、新たな課題の解決に貢献することで、私たちは、「つながり」が「よろこび」であり続けられる世の中に資する存在でありたいと考えています。

VISION

As in Your Hometown

情報社会をあなたの居場所に

私たちが考える「情報」とは言語化、映像化されたものだけではなく、信頼できる人と話をしているときの安心感や、やりとりする人の気持ちや想いといった、情感的なものも指します。

現在は、情報技術の発展によって、人と人のやりとり、生活、コミュニティや社会のあり方が大きく変化していく時代です。生まれゆく課題、産業の構造が、情報技術によって見直され、新たな姿に変わっていきます。

一方、その人の置かれた環境やその人自身の立場、スキルなどによって、アクセスできる情報の質や種類、量は大きく異なり、同じ情報に接したとしても皆が同じように感じるわけではありません。情感が伝わらないために理解が進まない場合もあり、誰もが情報を発信できる時代では、ときにスキルの差は情報の悪用を生みます。

私たちは、日々生み出される新しいテクノロジーで、このような情報に関する不合理を解消します。溢れる情報に左右されることなく、誰もが安心して、心から求める情報を持つことのできる社会を目指して。

VISION

STANDARDS

スタンダードとは、アディッシュの行動指針。ひとりひとりが、3つのスタンダードを心に留め行動しています。

インサイトを発見する

ー発見​ー


私たちのサービスで解決したいことや、満足させたい対象は、社会やお客様とその先にいる相手が中心です。
私たちが良いと思ったことが必ずしも相手にとって良いとは限りません。​

また、よろこびをうむために何をすればよいか、画一的な答えもありません。​

私たちは相手の声を傾聴し、その背景や関連する状況を洞察し、言葉に出てくる課題のみならず、
相手自身も気づいていない課題すらも「発見」しにいきます。

現実を直視しつつも理想を描く

ー理想ー​


私たちは「つながりを常によろこびに」をミッションとし、
ビジョン「情報社会をあなたの居場所に」の実現を推進します。​

誰もが実現したと実感する状態になるまでは簡単な道のりではありません。
社会情勢やそれぞれの状況により、しがらみや軋轢、ときには矛盾も発生します。
私たちは現状を冷静に直視しつつも「そもそもの理想は何か」「どうすれば実現できるか」と常に問いかけます。

まずは「理想」とする未来を描き、逆算して道しるべを立て進んでいきます。

実際に行動する

ー行動ー​


お客様の気づいていない課題を「発見」できても、素晴らしい「理想」を描くことができても、
私たちが解決に向けて「行動」を起こし、「行動」し続けなければ、何も変化を起こすことはできません。

だからこそ、私たちは実際に「行動」します。
たとえ行動した結果が思い描いた「理想」通りにならなかったとしても、冷静にふりかえり、
改善すべき点を見極めて、次に進めていきます。​

私たちは「行動」しない批判者ではなく、実践者であり続けます。