プレスリリース


アディッシュ、誹謗中傷問題に関するレポートを公開

2020/07/16
インターネットモニタリング

このエントリーをはてなブックマークに追加

情報の領域で発生する課題解決に向けて、投稿モニタリング、ネットいじめ対策、ソーシャルアプリのカスタマーサポートなどカスタマーリレーション事業を展開するアディッシュ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役 江戸 浩樹、証券コード:7093、以下 アディッシュ)は、2020年7月16日に誹謗中傷に関する調査レポートを公開しました。

「インターネットにおける誹謗中傷問題の状況について」レポートトピックス

誹謗中傷発生率

実際にどの程度誹謗中傷が発生しているのか、アディッシュが投稿監視しているコミュニティサイトでは、平均して0.44%の割合が常時発生していることがわかりました。誰かの投稿に同調し、大きく誹謗中傷の波が起きることは十分懸念されます。

誹謗中傷対策検討内容 - 開示編 -

誹謗中傷された被害者が講じる手段として裁判がありますが、裁判の証拠となる個人情報開示には様々なハードルがあります。発信者情報を開示するための政府の対策をまとめています。

誹謗中傷対策検討内容 - 防止編 -

総務省での有識者会議においては、誹謗中傷が発生しづらいよう、情報モラル教育のさらなる充実や、書き込みをする際に投稿内容を再考できるようなシステムの導入が提示されています。

「インターネットにおける誹謗中傷問題の状況について」レポート詳細

■レポートの解説ページ こちら

■レポートページ こちら

レポート背景

■ネットでの誹謗中傷が社会課題に

インターネット上で他人を誹謗中傷する行為が社会問題となっています。5月26日の総務大臣による記者会見では、インターネット上の誹謗中傷を巡る発信者の情報開示について、制度改正も含めて検討する考えを明らかにしており、検討が進んでいます。

 

■誹謗中傷関連サービスを提供

アディッシュでは、企業向けに自社で運営するコミュニティサイトでの誹謗中傷投稿を監視するコミュニティ監視サービスを提供しています。また、学校や教育機関向けにネットいじめ対策の一環で生徒による投稿の見守りや、ネットリテラシー啓発講演を提供しています。さらにインターネットの発展に伴い、個人でYoutubeやライブ配信、SNSを通した情報発信が増え、それに伴う課題が発生している昨今の状況を鑑み、誰もが安心して情報発信ができる場を提供することが重要と考え、芸能人やインフルエンサーなど個人向けの「誹謗中傷対策サービス」を5月27日にスタートしています。

今後の展望

引き続き誹謗中傷問題を注視し、どのようにこの課題を解決できるか検討を進めていきます。

 

アディッシュ株式会社 概要

設立
2014年10月1日
代表者
代表取締役 江戸 浩樹
本社所在地
東京都品川区西五反田1-21-8 ヒューリック五反田山手通ビル8階
事業内容
ミッション「つながりを常によろこびに」のもと、インターネットやソーシャルメディアなどの情報の領域で発生する課題を解決し、コミュニケーション社会が、健全で心地よい”居場所”となるような社会の実現を目指します。投稿モニタリング、ネットいじめ対策、ソーシャルアプリのカスタマーサポート、チャットボットの開発運営、国内外のSNS運用代行などの事業を展開
URL
https://www.adish.co.jp

 

本件に関するお問い合わせ

【本資料に関するお問い合わせ先】

小原

Tel:03-5759-0334(代表)お問い合わせフォーム

※記載されているサービス・商品名、会社名は各社の商標および登録商標です
※本リリース情報は、2020年7月16日時点の情報です