ニュース&ブログ News & Blog

代表・江戸Talk


[江戸トーク] 四半期毎の振り返りで未来に向けてアラインメントを

代表 江戸Talk

2021/06/03 江戸Talk

そろそろ四半期に1度のQCP(Quarter Coaching Program/フィードバック制度)がはじまります。2021年はコミュニケーションチームが新設されたこともあり、上期はOKRやチームの目標設定、毎週の振り返りがだいぶ進んだかなと思っています。

僕も自分が所属しているプロジェクトチームでOKRをやっていますが、その効果を実感しています。

QCPは、個人面談なので個人単位にはなりますが、やっぱり前提はチームだと思っているので、チーム目標を設定のうえで、個人目標に落とし込んで進めてほしいなと思っています。

そのため、アラインメント、すり合わせを大事にしてもらえたらなと。
OKRを一緒にやっている、3名から8名くらいのメンバーであり、普段関わっているチームというのが重要なんですけど、各チームの集合体が部署・会社になり、それも「チーム」だと思います。

部署には部署で2021年の目標もあるだろうし、その部署が会社全体で果たす役割があると思います。

こういった内容をすり合わせることが、QCPのひとつの大きな目的だと思っています。
そのとき、個人の目標とチームの目標やOKRをぜひアラインメント、すり合わせてもらえたらと。

評価云々もありますが、評価自体は、それぞれのチームの目的・目標があることが前提なので、ぜひすり合わせをしてもらい、個人の目標がチームの目標と一致しているように設定してもらえたらと思います。

もしかしたら2020年末くらいに立てた目標だと、OKRをやっていく中で、チームの目標と個人の目標がずれてきたということもあるかもしれません。

この調整をするには、下期に入る今のタイミングがいい機会だと思うので、ぜひすり合わせをしてほしい。

場合によっては、部署の目標を微修正することもあるかもしれないので、調整、アラインメントをして、下期に進んでいってほしいと思います。