パブリシティ


アディッシュとプラップジャパンによる『ネット炎上リスク診断』サービスが紹介されました(創業手帳、Web担当者Forum、MarkeZine他)

2019/10/31
インターネットモニタリング ネット炎上リスク診断

このエントリーをはてなブックマークに追加

総合PR会社の株式会社プラップジャパンとの共同提供サービス、事前に炎上危険度を5段階で判定する『ネット炎上リスク診断』がメディアに紹介されました。
本サービスは、両社で炎上事例データベースを共同開発、過去に世間から非難・批判を浴びた300トピックス以上の炎上事例と、それらを報道したWebニュース20,000件以上の記事データおよびSNS上での拡散レベルを分析可能とするシステムです。

 

創業手帳(2019年10月28日)
『SNS運用などにおけるリスク・マネジメントを支援する「ネット炎上リスク診断」が11/1にリリース』

 

Web担当者Forum(2019年10月29日)
『炎上危険度を 5 段階で判定「ネット炎上リスク診断」サービスの提供を開始』

Web担当者Forumより転載(2019年10月29日)

 

MarkeZine(2019年10月31日)
『プラップジャパンとアディッシュ、SNS投稿やPR活動のネット炎上リスクを診断する新サービスを開始』

MarkeZineより転載(2019年10月31日)