メンバー紹介 Members

会社が求めている役割と、自分が発揮できる役割を紐づけてくれていることに心地良さを感じる

取締役 兼 オンラインコミュニティ事業部長 吉川 敏広

アディッシュへの入社理由を教えてください

人の成長に関われそうだな、と思ったのが一番の理由です。
転職活動時に、親会社から分社化するアディッシュでは、アルバイトから昇進したSV(スーパーバイザー)メンバーが多く、SVメンバーの成長が課題であると聞きました。
SVメンバーの育成に関わることで、これからキャリアを築いていく人達の役に立てると思い、またそこに関わることで自分自身も成長できると強く感じました。
もう一つは江戸さん(社長)や池谷さん(当時:事業部長)のお人柄です。お二人とお話する中で、「高い壁も笑って乗り越える、バイタリティが凄い人達」という印象を受け、一緒に仕事をして成長したいと思ったことも強く影響しています。

入社前とのギャップはありましたか

ギャップというのは特に無かったですね。
年齢も経験も関係なく、裁量をもって自発的に仕事ができる会社だと聞いて入社しましたが、まさにその通りでした。常にオープンな環境で、自分を最初から認めて接してくれることが自分にとって心地よかったです。

現在の仕事内容を教えてください

事業リーダーとして、主に事業部の方針決めと予算管理を担っています。
予算に基づいて運用計画を立てたり、目標を達成するためにチームの雰囲気作りをしたり。江戸さんや池谷さんと初めて話したときと同様に、今度は私が「高い壁を笑って乗り越えられる」ようにしたいと考えています。
メンバーの肩の力を抜いて動きやすいようにしてあげる、何事もポジティブに変換ができる、そんな雰囲気を作っていけたらと思っています。

ご自身にとって「仕事」とは何ですか

自分の一部というか、呼吸をしているのと同じような自然体なものだと捉えています。

アディッシュはどのような会社ですか

色々な意味で心地よい会社です。会社が求めている役割と、自分が発揮できる役割を紐づけてくれていることに心地良さを感じます。
この紐づけがうまくいっていないと転職を考えたりするのかもしれません。
あとは、アディッシュは江戸さん(社長)そのものだと思います。
江戸さんは人を否定せず、後押しする側に回り、気づきを与えてくれるため、取り組めば必ず結果は得られると感じさせてくれる人です。
江戸さんの人柄がアディッシュの全体像のような感じです。

一緒に働くメンバーはどのような存在ですか

私にとっては、一人ひとりがチームにいなくてはならない大事な存在だと思っています。
私が担っている事業部長というポジションは予算に絡むところでの最終判断をする機会が多いですが、メンバー一人ひとりは日々、クライアントの課題と向き合い、様々なプロセスを経て、スピード感のある判断をしています。極論、私がいなくても事業は止まりませんが、メンバーがいなければ事業は推進しません。

今後チャレンジしていきたいことを教えてください

まずは3年先の売上目標を見据えて新しいサービスの柱を1〜2つ作りたいです。例えば動画監視や記事審査、広告審査などを現在進めていますが、それらを1~2年ぐらいでサービスの柱となるように育てたいと考えています。
後は、今いるメンバーの中からリーダー、マネージャー、事業部長を育てていきたいですね。
その上で、私自身は会社にとって新しい事業を作ること、例えば、BtoC系の新規事業に参画したり。一方で、人材を育成することにも引き続きこだわっていたいと考えています。


アディッシュへの入社理由を教えてください

人の成長に関われそうだな、と思ったのが一番の理由です。
転職活動時に、親会社から分社化するアディッシュでは、アルバイトから昇進したSV(スーパーバイザー)メンバーが多く、SVメンバーの成長が課題であると聞きました。
SVメンバーの育成に関わることで、これからキャリアを築いていく人達の役に立てると思い、またそこに関わることで自分自身も成長できると強く感じました。
もう一つは江戸さん(社長)や池谷さん(当時:事業部長)のお人柄です。お二人とお話する中で、「高い壁も笑って乗り越える、バイタリティが凄い人達」という印象を受け、一緒に仕事をして成長したいと思ったことも強く影響しています。

入社前とのギャップはありましたか

ギャップというのは特に無かったですね。
年齢も経験も関係なく、裁量をもって自発的に仕事ができる会社だと聞いて入社しましたが、まさにその通りでした。常にオープンな環境で、自分を最初から認めて接してくれることが自分にとって心地よかったです。

現在の仕事内容を教えてください

事業リーダーとして、主に事業部の方針決めと予算管理を担っています。
予算に基づいて運用計画を立てたり、目標を達成するためにチームの雰囲気作りをしたり。江戸さんや池谷さんと初めて話したときと同様に、今度は私が「高い壁を笑って乗り越えられる」ようにしたいと考えています。
メンバーの肩の力を抜いて動きやすいようにしてあげる、何事もポジティブに変換ができる、そんな雰囲気を作っていけたらと思っています。

ご自身にとって「仕事」とは何ですか

自分の一部というか、呼吸をしているのと同じような自然体なものだと捉えています。

アディッシュはどのような会社ですか

色々な意味で心地よい会社です。会社が求めている役割と、自分が発揮できる役割を紐づけてくれていることに心地良さを感じます。
この紐づけがうまくいっていないと転職を考えたりするのかもしれません。
あとは、アディッシュは江戸さん(社長)そのものだと思います。
江戸さんは人を否定せず、後押しする側に回り、気づきを与えてくれるため、取り組めば必ず結果は得られると感じさせてくれる人です。
江戸さんの人柄がアディッシュの全体像のような感じです。

一緒に働くメンバーはどのような存在ですか

私にとっては、一人ひとりがチームにいなくてはならない大事な存在だと思っています。
私が担っている事業部長というポジションは予算に絡むところでの最終判断をする機会が多いですが、メンバー一人ひとりは日々、クライアントの課題と向き合い、様々なプロセスを経て、スピード感のある判断をしています。極論、私がいなくても事業は止まりませんが、メンバーがいなければ事業は推進しません。

今後チャレンジしていきたいことを教えてください

まずは3年先の売上目標を見据えて新しいサービスの柱を1〜2つ作りたいです。例えば動画監視や記事審査、広告審査などを現在進めていますが、それらを1~2年ぐらいでサービスの柱となるように育てたいと考えています。
後は、今いるメンバーの中からリーダー、マネージャー、事業部長を育てていきたいですね。
その上で、私自身は会社にとって新しい事業を作ること、例えば、BtoC系の新規事業に参画したり。一方で、人材を育成することにも引き続きこだわっていたいと考えています。

関連記事


もっと社員紹介を見る

Recruiting
募集中の職種

※応募サイトに遷移します