メンバー紹介 Members

”ワーク・アズ・ライフ” 仕事のことを常に考えていることが多いと思う

オンラインコミュニティ事業部 企画開発室リーダー 岩佐 晃輔

入社理由を教えてください

江戸さん(社長)や杉之原さん(管理本部長)、また当時の事業部長との面談を通じて、描いてるビジョン・価値観に強く共感したことが、入社する最終的な決め手になりました。就職活動の軸としては「裁量権」「組織を率いるリーダー(代表)」「ビジョン」の3軸でした。

入社前とのギャップはありましたか

ギャップは相当ありましたね。特に仕事の進め方の所ですかね。
元々、学生時代に親会社だった株式会社ガイアックスの新規事業部でインターンをしていて、その時は「承認より謝罪」の文化で、上長の承認を取るより「まずやってみよう」という感じでした。一方、アディッシュでは、もちろん自由さといいますか、裁量権はあるんですが伸びているサービスが多いので、漏れなく、確実に売上増加を狙うような文化ですね。両社とも社会課題に対して、「何とかしたい」、「サービスを展開したい」という根本のところは一緒なのですが、インターンをしていたからこそのギャップは強く感じました。
ただ、ビジネスとしては両社とも間違っていなくて、事業フェーズによってあり方が変わることを、入社後しばらくして理解できました。

現在の仕事内容を簡単に教えてください

現在、インターネットモニタリングサービスを提供している部署の企画開発室に所属しており、主に新たなサービスの立ち上げや、プロジェクトオーナー、マーケティングの業務を行なっています。
元々、新規営業を担っていましたが、インターネットの流れやクライアント様の課題に応えるべく企画開発室を開設しました。

ご自身にとって「仕事」とはなんですか?

仕事とプライベートを隔てることなく、睡眠時間以外はすべて仕事であり趣味であるという考えを持っています。「仕事」と相反するものとして「プライベート」があり、その関係を「ワーク・ライフ・バランス」で表現されることが多くありますが、僕にとっては、「ワーク・アズ・ライフ」が考え的に近しくあります。もちろん、過剰に仕事をしているわけではなく、仕事のことを常に考えていることが多いという意味を込めています。

アディッシュはどのような会社ですか

「社会貢献度が高い会社」とか「人としっかり向き合う人達が多い会社」といった言葉が適している会社です。前者の「社会貢献度の高さ」はアディッシュの提供しているサービスからも明らかです。後者の「人としっかり向き合う人達が多い会社」については江戸さん(社長)の「全ての人達に機会を与えたい」という根本思想から広がっていると思っていて、僕自身も多くの成長機会をいただきました。

上司はどのような存在ですか

チャレンジを応援し、支えていただける存在です。
今まで複数人の上司にお世話になりましたが、色々な機会をいただき、支えていただきました。難題へのチャレンジにも惜しむことなく、強く背中を押していただけました。私もマネージメントをする際は、時に見守り、時に支えるような存在を意識しています。

今後チャレンジしたいことはありますか

「新しい事業づくり」や「組織づくり」などの仕組みづくりに興味があります。
事業づくりは、単純に自分が生み出したものに対して世の中にどのような影響を与えられるかを検証してみたい気持ちが強いです。組織づくりは、生物学的に「ヒト」そのものを捉えたいっていうのが根本の知的好奇心としてあるので興味を持っています。
5人、10人、100人の組織規模の大きさで、人が与える影響力は違ってくるので、各規模に応じる相互の影響力について色々分析と検証を続けたいと思っています。


入社理由を教えてください

江戸さん(社長)や杉之原さん(管理本部長)、また当時の事業部長との面談を通じて、描いてるビジョン・価値観に強く共感したことが、入社する最終的な決め手になりました。就職活動の軸としては「裁量権」「組織を率いるリーダー(代表)」「ビジョン」の3軸でした。

入社前とのギャップはありましたか

ギャップは相当ありましたね。特に仕事の進め方の所ですかね。
元々、学生時代に親会社だった株式会社ガイアックスの新規事業部でインターンをしていて、その時は「承認より謝罪」の文化で、上長の承認を取るより「まずやってみよう」という感じでした。一方、アディッシュでは、もちろん自由さといいますか、裁量権はあるんですが伸びているサービスが多いので、漏れなく、確実に売上増加を狙うような文化ですね。両社とも社会課題に対して、「何とかしたい」、「サービスを展開したい」という根本のところは一緒なのですが、インターンをしていたからこそのギャップは強く感じました。
ただ、ビジネスとしては両社とも間違っていなくて、事業フェーズによってあり方が変わることを、入社後しばらくして理解できました。

現在の仕事内容を簡単に教えてください

現在、インターネットモニタリングサービスを提供している部署の企画開発室に所属しており、主に新たなサービスの立ち上げや、プロジェクトオーナー、マーケティングの業務を行なっています。
元々、新規営業を担っていましたが、インターネットの流れやクライアント様の課題に応えるべく企画開発室を開設しました。

ご自身にとって「仕事」とはなんですか?

仕事とプライベートを隔てることなく、睡眠時間以外はすべて仕事であり趣味であるという考えを持っています。「仕事」と相反するものとして「プライベート」があり、その関係を「ワーク・ライフ・バランス」で表現されることが多くありますが、僕にとっては、「ワーク・アズ・ライフ」が考え的に近しくあります。もちろん、過剰に仕事をしているわけではなく、仕事のことを常に考えていることが多いという意味を込めています。

アディッシュはどのような会社ですか

「社会貢献度が高い会社」とか「人としっかり向き合う人達が多い会社」といった言葉が適している会社です。前者の「社会貢献度の高さ」はアディッシュの提供しているサービスからも明らかです。後者の「人としっかり向き合う人達が多い会社」については江戸さん(社長)の「全ての人達に機会を与えたい」という根本思想から広がっていると思っていて、僕自身も多くの成長機会をいただきました。

上司はどのような存在ですか

チャレンジを応援し、支えていただける存在です。
今まで複数人の上司にお世話になりましたが、色々な機会をいただき、支えていただきました。難題へのチャレンジにも惜しむことなく、強く背中を押していただけました。私もマネージメントをする際は、時に見守り、時に支えるような存在を意識しています。

今後チャレンジしたいことはありますか

「新しい事業づくり」や「組織づくり」などの仕組みづくりに興味があります。
事業づくりは、単純に自分が生み出したものに対して世の中にどのような影響を与えられるかを検証してみたい気持ちが強いです。組織づくりは、生物学的に「ヒト」そのものを捉えたいっていうのが根本の知的好奇心としてあるので興味を持っています。
5人、10人、100人の組織規模の大きさで、人が与える影響力は違ってくるので、各規模に応じる相互の影響力について色々分析と検証を続けたいと思っています。

関連記事

もっと社員紹介を見る

Recruiting
募集中の職種

※応募サイトに遷移します