© adish All Rights Reserved.

【column】フィリピンのライドシェアサービスの可能性。社会背景から考える

2018年6月19日

 

 フィリピンでは2018年に輸送ネットワーク車両サービス(TNVS)の新規登録凍結が解除されました。各ライドシェアサービスの参入が注目されていますが、2018年3月にUberが撤退を表明し、Grabがサービスを継承。

本記事では、フィリピンの交通事情、社会的背景を確認しつつ、同国へのライドシェアサービス参入の可能性を探ります。

 

<目次>
・ライドシェアとは
・フィリピンにライドシェアサービスが求められる背景。社会問題化する交通渋滞
 ・人口の急増
 ・移動手段の多様化と交通量の増加
・社会問題を解決させるためのライドシェアサービス
 ・スマートフォンの普及が後押し
・フィリピン市場に進出する際にハードルとなるものとは?
 ・カスタマーサポートにはフィリピン独特の対応が必要
・結論
 ・フィリピン進出時のカスタマーサポートは

 #ライドシェア

 #ライドシェアサービス

 #カスタマーサポート

 

 

 

フィリピンにおけるライドシェアサービスの可能性。社会背景から考える

 

 

 

 

 

 

ページの一番上に戻る